社会保険労務士 独学対策ルーム HOME

社会保険労務士試験は、独学でも合格が可能であると言われる試験です。

確かに、出題形式や問題の出題数、採点方法などをみていくと、「この試験は、独学でも、合格点が取れるかもしれないな」「独学がしやすい試験だな」と思われるものでもあります。そして実際に、独学で試験勉強をして合格する人も、数多くいます。

しかし、独学という学習形態自体が、向いていない人もいます。学校での座学の方が、成果が上がる人もいるのです。性格的なものもあるでしょうし、「学習は学校でするものだ!」という堅固な考え方の人もいるでしょう。

さて、世の中、「独学で、資格試験に合格したよ」と言うと、「すごいね!優秀だね!」という答えが返ってきやすいものです。でも、誤解しないください。独学で合格した人の方が、資格学校に通学して合格した人よりも、必ずしも能力が高いというわけではないのです。

独学で学習するか、学校を使って学習するかは、その人のやり方の問題であって、そこに能力的な優劣関係は、全くありません。

ただ、もし独学に向いている人が、資格学校に通った結果、合格できなかったり、通学に向いている人が、独学で勉強して、思うような結果が得られなかったりしたら、それは不幸なことと言えます。

そこで、このサイトは、ここを訪れてくれた人が、社会保険労務士試験の合格に向けて、自分に合った学習方法を選択し、効率よく学習していくことができるように、独学というものの特徴、独学に向く人はどのような人か、独学のメリットやデメリット、また、社会保険労務士試験の特徴は何か、更に、この試験は独学で攻略できるものなのか、等々について、説明しています。

これから社会保険労務士試験を受験する人の参考になれば、幸いです。

NEXT


この教材なら合格できる。無料でもらえる。